朝もやのかかる渓流で竿を振る二人の結末は・・・


今日は東京からお越しのT様をご案内してきました。

二人とも釣りの経験はほとんどないということで、今回もドキドキのスタート。

何度かのアタリを掛けそこねていた彼女をちょっとお手伝いして、まずは山女魚をキャッチ!
あらら。可愛いサイズでしたね(^^;)

ところが同じポイントでゴツっと大きなアタリ!!
「キャー!キャー!」と黄色い声が渓流にこだまします。
しばらく強引なひっぱりっこをした後にあがってきたのは良型の岩魚。
自力で釣った一匹は喜びもひとしおですね♬

一方、彼の方は苦戦が続く。
アタリはあるもののなかなか合わせが決まりません(^^;)
後半はなんとか一匹の思いが強くなり、竿さばきも乱れますが・・・

きっと来るその時を信じ、竿をひたすらに振り続けます。
朝もやのかかる渓流が美しい。

そして、ついにその時が来ました。
「あっ!来た!!」
あがってきたのは小ぶりの岩魚でしたが、待望の一匹に嬉しそうな表情?の彼(^^;)
サイズなんて関係なし!
釣ったという事実が全てです!!おめでとう♬
またのお越しをお待ちしております。
ありがとうございました。